ジューンブライド意味には、「6月の結婚」や「6月の花嫁」という意味があります。欧米では昔から6月に結婚するとずっと幸せな結婚生活を送ることができるというジンクスがあります。

ギリシャ神話の主神ゼウスのお妃であるヘラという女神様が、ジューンブライドJune Brideの由来になります。この女神様は最高位についている女神様となり、出産や結婚をつかさどり、女性や子供、家庭の守護神ともいわれていました。このヘラという女神様が守っている月が「6月」なので、英語がJuneとなっているのです。実は、ヘラはローマ名が「ユノ」、英語名にすると「Juno」となるのです。また、それだけではなくヘラを祭る祭礼が6月1日にあったことで、結婚式を6月に挙げると女神のご加護を受けてずっと幸せになれると伝われる習慣ができたのです。

今からずっと前のヨーロッパでは3月から5月に結婚するのを禁止されていました。6月に結婚が解禁されることで、6月に一斉にカップルが結婚し、6月は1年の中でももっとも祝福されることが多い月でもありました。

また、ヨーロッパの6月は1年間を通して雨が少なく、よい天気に恵まれる日が多く、季節的の環境が良い月でもあります。また復活祭なども行われるのでヨーロッパ全体が幸せに満ちたムードに包まれるのです。ジューンブライド意味はいろいろありますが、幸せに満ちた月なのは間違いないですね。

反対に、結婚に適さない月というものがあります。ジューンブライドの意味はとても素敵なエピソードがあるのですが、結婚には適さない月にもエピソードがあります。日本国内では、ほとんど知られていないのですが5月の結婚はとても縁起が悪いといわれています。ヨーロッパでは6月の結婚が良いといわれているのですが、この6月の結婚とセットになって知られているのが「5月の結婚」なのです。

では、どうして5月の結婚は縁起が悪いのでしょうか。それは、かつて5月という月は死者を奉るイベントが行われたとされている月と、5月の神様でもある豊作の女神「マイア」が自分の守っている月に結婚という浮かれたイベントをすることを嫌っていたというエピソードがあるようです。

日本国内でジューンブライド意味が伝わり始めたのは、1945年の第二次世界大戦後からです。現在では、ジューンブライドの意味もしっかり浸透し、6月に結婚式を挙げたいと思う女性も多いのではないでしょうか。ジューンブライド意味はいろいろあるので、ぜひこの機会にジューンブライド意味についてさまざまな角度から調べてみるのも良いですね。

このサイトを購読する